冷え症の原因は全身の血行不良ということは周知されていますが、温かい血液が毛細血管に十分に行き渡らないため、外に体温が失われて冷えてしまいます。


毛細血管をいかに使えるかどうかが冷え症対策の課題となります。

 

血行不良の原因は、運動不足、ホルモンバランス、自律神経、ストレス、低血圧などがあげられます。

当院の対処法とアドバイス

冷え症の対策は一般的に全身の血流を改善することと言われてますが、筋肉を柔らかくしなやかな状態に戻すとともに、普段の生活でしっかりと歩くことが大切になります。 


たとえば、正しく歩くことで股関節を意識すると、ハムストや臀部などの大きな筋肉を使うことができるので、骨盤を滑らかにする効果があります。冷え性の改善につながります。

当院では、筋肉骨盤の調整だけでなく、正しい歩き方などの指導もトレーニングとして取りいれています。 


また、自律神経のバランスを崩さないように呼吸法(腹式呼吸)の指導もしています。